20180630 「徳丸わくわくまつり」に参加しました!

 齋藤ゼミは、6月30日に板橋区の特別養護老人ホーム・マイライフ徳丸で開催された「徳丸わくわくまつり」に初めて参加しました。

 「徳丸わくわくまつり」は地域の4つの社会福祉法人が中心となって開催され、地域の様々な人が出会い、つながるきっかけとなっているイベントです。

 私たちは、普段のゼミ活動でお世話になっている練馬区高松のみやもとファームさんで収穫した新鮮ジャガイモと、そのジャガイモの上にベーコンとチーズをかけたガレットを調理し、販売しました。

 徳丸わくわくまつりへ向けた活動は、約2ヵ月前から始まりました。

 事前打ち合わせのためにマイライフ徳丸を初めて訪れ、当日の流れや販売方法などの打ち合わせを行いました。

 また、施設内を案内して頂きながらマイライフ徳丸の取り組みを説明して頂くことで、高齢者施設に持っていたあまり良いとは言えないイメージが、オープンで活動的なイメージへと変わりました。普段は高齢者施設を訪れる機会が少ないので、とても貴重な経験となりました。

 さて、お祭りの前日、みやもとファームの宮本茂昭さんをお訪ねし、ジャガイモの仕入れ量や販売方法について相談させて頂きました。

 また、野菜販売のコツや栽培・調理の方法など、様々なお話を伺うことができ、宮本さんの野菜に対する思いや、消費者を第一に考える姿勢強くを感じました

(下記のパネルは当日のジャガイモ販売の説明用に、ゼミの仲間である鷺坂さんが作成しました)。

 お祭りの前日、真夏のような暑さの中の作業となりましたが、自分たちの手で約20キロのジャガイモを収穫しました。収穫後には冷やしトマトを美味しく頂きました!!

 いよいよ「徳丸わくわくまつり」当日です。

 とても多くの人で賑わい、子供からお年寄りまで多くの人が集まりました。このマイライフ徳丸が、地域の方々にとっての居場所となっていることを実感しました。

 我々、齋藤ゼミも板橋のご近所さんということで、自己紹介をさせて頂きました!!

(またも、鷺坂さん作成のゼミ紹介用のパネルです!)


 酷暑の中、野菜販売の難しさを実感しつつも、何とか無事にジャガイモは完売し、ガレットも好評(?)でした。

 今回の反省点は、後輩たちが来年に活かしてくれることでしょう!(笑)

 とても暑い中での活動でしたが、楽しく活動ができました。みなさんお疲れ様でした!

 また、徳丸のみなさん、ありがとうざいました!!!

大東文化大学 環境創造学部 齋藤ゼミ 中村瑠里



▶ 徳丸わくわくまつり FaceBook ページ

DBU Saito Seminar

大東文化大学 齋藤博ゼミナール