20160220・21 楽農くらぶ 第11回「家つくり」ワークショップ開催!ー ピザ窯づくり&お餅つき編ー

 2/20・21に、満開の野瀬自然農園の梅林の下で「楽農くらぶ」のワークショップが開催されました。2日間に渡るWSでは、ピザ釜の製作とお餅つきを行いました。

 一日目となる20日は天気が悪く開催が危ぶまれましたが、いざ、スタートすると、いつもよりも多くの参加者が集まり、とても賑やかな雰囲気でのスタートとなりました。まずは、「自然工房めばえ」さん、「塗り壁隊」さんから本日のワークショップについての説明を頂きました。

 雨が本降りになる前に作業をなるべく進めようということで、お餅つきとピザ窯づくりの2手に分かれて、準備を行いました。

 まずは、お餅つきです。もち米を蒸したり、大根をおろしたりといった下ごしらえの後、即席テントの下でお餅つきをしました。学生がお餅を着く姿は、今ひとつ…でしたが、出来上がったお餅はとても美味しく頂きました。

 お餅つきと並行して、「塗り壁隊」さんにご指導を頂きながら、ピザ窯の製作をしました。一日目は、ピザ窯を載せる土台づくりを行いました。整地をしてからブロックを積み、モルタルとガラで補強することで丈夫な土台となりました。一日目はここまで!

2日目は、いよいよ、ピザ窯の本体の作製です。まずは、土台の上に耐火レンガを敷き詰め、藁と石灰を混ぜた土(ほんのり温かい…)のお団子をダンボールで作った窯の下地にペッタン、ペッタンと貼り付けます。さらに、耐熱&耐水性のある石灰クリームと漆喰を塗って完成です。

ピザ窯の完成後には、「塗り壁隊」さんから、使い方を教えて頂きました。

3月に開催予定のピザパーティーでこの窯を使うのが楽しみです!!!


「塗り壁隊」


> 詳しくは、「プロジェクト」ページ「大東文化大学 齋藤ゼミレポート(18)」をご覧ください!


今日の動画。お餅を、ペ…ペッタン!

土団子も、ペッタン!!